建築デザイナー 栗田 和真さん 2016年度建築科卒業

建築デザイナー
栗田 和真さん
2016年度建築科卒業

一級建築士事務所 株式会社天工人

Q.お仕事について聞かせてください。
A.事務所の代表である山下さんは奄美大島の出身で、集落に馴染む建築、地産地消の建築、伝統の継承といったことを大事にしていて、そんな地域色の濃い仕事に僕はすごく魅力を感じています。奄美大島で進行中のプロジェクトも古い建物を活かして宿泊施設に再生させる仕事です。ですから僕等の仕事は必ず地域の特性をリサーチすることから始まります。そして現地調査に行き、既存の建築を計測して図面に起こしていきます。そこで残すものと新たに入れ込むことを練って融合させていく、そういう建築もあるんだなと勉強になりますね。現地に行くと時間の流れ方が違うことに気づきます。当然そこに建つ建築は都会のものとは違いますよね。山下さんの建築は、地域の良さを建築に活かすのがテーマでとても魅力的です。
Q.将来のためにやっていることは?
A.できるだけ本を読むことです。建築に関連したものでなくてもいいんです。学生時代からずっとボキャブラリーの欠如を身に沁みて感じていたので、いつか実を結ぶと信じて時間を見つけて読むようにしています。

(インタビュー:2017年12月)

作品名「バウンダリー・ハウス」2012年竣工/設計「山下保博×アトリエ・天工人」

 TOPへ戻る