竹内善信さん 建築設計工学科4年 富山県立大門高等学校出身

Q.フェリカを選んだ理由
A.元々特にやりたいことはなかったんですが、進路を考えているとき唯一建築だけが将来のイメージができたので建築を選びました。学校について情報収集をしている中で、フェリカの家創りプロジェクトを知って、ここしかないと感じ志望しました。
Q.フェリカに来て良かったですか?
A.良かったと思ってます。地元の友達に会うたびに驚かれるんです。元々相当底辺の人間だったみたいで(笑)自分でも、あんな自分がここまでやってこられるとは思ってもみなかったんで、本当にフェリカに来て良かったなと思います。建築が好きだからここまで成長できたんだと思うし、フェリカの環境も良すぎました。自信がない人でも十分伸びていけると思います。
Q.家創りプロジェクト(実施設計)の感想
A.在学中にホンモノの家を設計できるという環境は本当に贅沢なものでした。出来上がったときは涙が出るくらいに感動しました。もちろん苦労したこともたくさんあって、途中でくじけそうになったこともあったけど、最後まで気を緩めずにみんなと一緒に頑張ったということが一番の収穫だったと思います。
Q.今取り組んでいること
A.卒業制作で住宅に取り組んでいます。建築設計工学科の卒業制作だと大規模建築をやる人が多いですが、就職先が住宅メーカーなので、僕の集大成は”住宅”にしようと決めました。実施設計ではみんなで60枚程の図面を描きましたが、卒業制作では自分一人で60枚程の図面を描きます。頑張ります(笑)
Q.大学教育と違うと思うことは何ですか?
A.フェリカは大学と違って一般教養がない分、在学中の全ての授業時間を使って建築について学ぶことができます。しかも他の大学でやっているような学び以外にも、より実務に近い知識や図面力が身につく教育が受けられます。フェリカで得た知識たちは就職活動で本当に役に立ちましたし、自信もつきました!!
Q.好きな科目
A.全部好きです。一つのことをとことん伸ばすというより全部同じくらいに全力で取り組むというスタンスでやっていたら全部好きになりました(笑)
Q.一人暮らしはどう?
A.大変なこともたくさんあるんですけど、一番大きいのは自分の時間が確保できることだと思います。勉強に集中できるのもそうですし、誰にも干渉されなくて済むんで自由ですね。ただ、実家暮らしの時と違うのは洗濯のクオリティですかね(笑)
Q.今後の目標を教えてください。
A.まずは二級建築士一発合格を目指します。実施設計でやったことが資格の勉強に通ずるものがあったので、すごく手助けになっています。ただしそれだけで満足はしていられないので、対策授業を取って試験までは気を抜かずに頑張ります。

<インタビュー:2019年11月>

 TOPへ戻る