建築設計工学科
4年制

本物の家創りを学ぶ唯一のカリキュラム。
実施設計という、どこにもない超実践教育。

4年の修業年限を、大学教育とも、他の専門学校とも異なる視点からより実践的な学習に費やします。1・2年次で建築の基本設計技術を習得した後、3・4年次には住宅実施設計を通じて高度な専門知識と実践力を養います。基本プランから設計図を起こし、実際に建てるまでの工程を実体験し、設計から工事監理までの経験を経て企業の即戦力となりうる実力を身につけます。
また、住宅以外の各種用途の大規模建築課題で広い視野を養い、建築全般に対応できるオールラウンダーとして、将来の建築家や一級建築士を目指します。また、本科を卒業すると高度専門士(文部科学大臣認定)の称号が付与されます。

1
基本から実務まで段階的に学べるフェリカだけの独自カリキュラム。
1年次は基礎課程として、建築の基本を0からていねいに学習します。図面の描き方、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、プラン演習、建築学(構造、環境など)、デザイン学等々、設計に必要な知識技術を段階的に学びます。基本となる木造の住宅設計を確実に習得、2年次以降さらなる専門的学習へと進んでいきます。
2
家創りプロジェクト(住宅実施設計)で設計事務所の実務レベルを体得。
3・4年次の応用実践課程では住宅の実施設計(※)に取り組みます。経験豊富な一級建築士の教員指導のもとでプロジェクトチームを組み、実際の家創りを学習します。プランニング、基本設計にとどまらず実施設計までを学ぶことで、設計事務所の業務と同様の実務学習を体験していきます。実務にはデザイン、環境、構造、法規、施工、品質、予算管理等、考え抜かれた設計のバランスが求められます。第1ステップとしてそれらを踏まえた実務的なプランニングを学習、第2ステップとして基本プランをもとに詳細設計へと進み、実施設計図面を描きながら、実務レベルの設計技術を習得します。

※実施設計とは、基本設計に基づき詳細な設計を行うこと、工事を着工するための詳細図面を作成することをいいます。

3
実物を創る、そこから分かることがある。完成した時の感動は一生もの。
プロジェクトの後半は施工業者とのコラボレーションによって実現します。第3ステップでは工事が行われ、学生達は工事の進行を自らの眼で見届けます。設計担当者として現場を訪れ、設計図通りに行われているか工事の状況を確認することが重要です。建物が完成するまでの工程を身近に体験し、工事監理までを一貫して学べるこのワークショップはかけがえのない経験となり、仕事のプロセスを理解する意味でも将来の大きなアドバンテージとなります。

※プロジェクトは基本設計から実施設計、さらに工事監理までの一連を学習するものですが、年度によって設計スケジュールの遅延が起きた場合、工事を行えないことがあります。

この学科で取得できる資格について

建築家
住宅作家
建築デザイナー
建築設計士
建築エンジニア
建築プロデューサー

なるために必要な「学習バランス」

おもなカリキュラム


※課題内容は年度によって異なります

1年次
住宅設計に必要な知識技術を0から段階的に学ぶ
製図の描き方、プラン演習、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、
建築学(計画、構造、環境 他)、デザイン学 等
2年次
専門知識(構造、法規、施工、設備 他)を深める
CADやCGの表現スキルを磨く、実施図面トレースプラン演習 等
3年次
住宅実施設計プロジェクトを通して応用実践力を養う
専門知識(法規演習、構造計算、材料実験 他)を究める
4年次
机上の学習にとどまらない工事監理の実務を体験する
将来に備える(仕事力、建築士試験)

特典

・一級建築士受験資格
卒業後すぐに受験可能。実務経験2年で免許登録可能。
・二級建築士受験資格
卒業後すぐに受験可能。
・1級建築施工管理技士受験資格
卒業後、実務3年で受験可能。
・高度専門士付与
・大学院入学資格
・就職条件等は4年制大学卒業と同等

目指す主な資格

【卒業後】
・一級建築士
・二級建築士
・建築施工管理技士

【在学中】
・CAD利用技術者
・建築CAD検定試験
・福祉住環境コーディネーター
・建築施工管理技術検定(2級学科)
・色彩検定




 TOPへ戻る