インテリア設計科空間デザインコース
3年制

インテリアと建築の視点を併せ持つ、住宅・店舗の空間
デザイン領域を学ぶ。



3年の修業年限で、空間創造のスペシャリストに必要なテクニック、センス、それを裏付ける専門知識を総合的に学習します。インテリアと建築の双方をバランスよく学び、将来の職域を広げた建築も分かる空間プランナーとしてインテリアサイドから空間創造を究めていきます。在学中にインテリアコーディネーター資格合格を目指すほか、建築士受験資格については他の建築系学科と同等の実務経験短縮特典が認められています。

1
基本から実務まで段階的に学べるフェリカだけの独自カリキュラム。
1年次は基礎課程として、建築の基本を0からていねいに学習します。図面の描き方、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、プラン演習、建築学(構造、環境など)、デザイン学等々、設計に必要な知識技術を段階的に学びます。基本となる木造の住宅設計を確実に習得、2年次以降さらなる専門的学習へと進んでいきます。
2
プロレベルのスキル、巧みな表現技法とインテリア専門知識。
本科で習得するスキルは、インテリアに欠かせない表現技法であり、CAD、3DCG、パース(完成予想図)、プレゼン等、実際の仕事においても利用度の高い重要スキルです。こうしたツールを自在に使いこなすプロレベルの技術を学び、頭に思い描く空間イメージをきちんと伝達する表現力と提案力を磨きます。空間創造にはそれを構成するエレメント、商品、家具、設備、内装材、ウィンドウトリートメント、ライティング等々の知識が求められます。こうしたインテリア専門知識はインテリアコーディネーター資格試験に対応した授業の中で学習します。
3
建築も分かる、住宅&店舗空間プランナーを目指す。
私たちの周りには住宅やショップ、商業空間等のインテリアが存在します。人に安らぎを与える、人を元気にする、店のイメージアップを図る、たくさんの人を誘引する、、、それぞれの空間には目的があり、それはインテリアイメージや計画によって実現します。空間プランナーは機能性、演出手法、材料選び、構造、法規、さまざまな角度から空間を検討し、建築の「ハコ」を魅力的な「空間」に変える創造のプロです。こうした創造力を養うために、2年次の専門課程で多様なインテリアプランニングを学び、3年次には建築的視点をプラスした住宅や独立型店舗の設計を行います。

この学科で取得できる資格について

空間デザイナー
インテリアプランナー
インテリアデザイナー
店舗デザイナー

なるために必要な「学習バランス」

おもなカリキュラム


※課題内容は年度によって異なります

1年次
住宅設計に必要な知識技術を0から段階的に学ぶ
製図の描き方、プラン演習、PC(CADやCGソフトなど)の使い方、
建築学(計画、構造、環境 他)、デザイン学 等
2年次
専門知識(商品、家具、材料、施工 他)を深める
CADやCGの表現スキルを磨く、手描きパース
インテリアコーディネーター試験対策 等
3年次
専門知識・技術を深める、表現スキルを磨く
建築的視点を押さえた空間設計

特典

・一級建築士受験資格
 卒業後すぐに受験可能。実務経験3年で免許登録可能。
・二級建築士受験資格
 卒業後すぐに受験可能。
・専門士付与
・商業施設士補受験資格

目指す主な資格

【卒業後】
・二級建築士
・一級建築士

【在学中】
・インテリアプランナー
・インテリアコーディネーター
・色彩検定
・CAD利用技術者試験
・商業施設士
・商業施設士補

 TOPへ戻る