高度専門士・専門士って?

文部科学大臣が認定する専門学校の専門課程修了者に与えられる称号です。修業年限が2年以上の専門課程修了者には「専門士」、4年以上の専門課程修了者には「高度専門士」の称号が付与されます。専門士は短大卒業者に与えられる「短期大学士」、高度専門士は大学卒業者に与えられる「学士」と同等とみなされ、大学への編入や大学院への入学資格が与えられます。また、就職の際の初任給や昇格なども同等基準で取り扱われます。


専門分野に特化したカリキュラム高度専門士の強みとは?

専門教育科目の授業時間数が全体の約60%にとどまる4年制大学と違い、実技や演習中心で実務について学ぶフェリカでの4年間は、就職後の社会で即戦力になること間違いなし。

称号付与条件

高度専門士

1.修業年限が4年以上
2.総授業時数が3,400時間(124単位)以上
3.体系的に教育課程が編成されていること
4.試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて
 課程修了の認定を行っていること

専門士

1.修業年限が2年以上
2.総授業時数が1,700時間(62単位)以上
3.試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて
 課程修了の認定を行っていること

 TOPへ戻る